ブログで情報はどこまで出すべきか〜まずは全出しでOKな理由とコンテンツの2次活用について〜 UP Radio第80回目

今週もUP Radioのお時間がやってまいりました!

UP Radioは、”ビジネスに挑戦する起業家が、昨日よりも事業が上向くことを応援するために、自身も起業家として活動する佐藤旭がビジネスを通して気づいたことや学んだことをシェアする”をコンセプトにした番組です。

今回は、主催するブログコミュニティー『UP Guild』でメンバーから頂いたご質問にお答えします!

ご質問の要点は「有料の無料のコンテンツの差別化はどう考えれば良いのでしょうか?ブログの記事はどこまで出せば良いのか悩んでいます。」というものです。

特に自分の商品を販売している方の場合、どこまで出すべきかは悩んでしまうところですよね。
僕もよく悩んでしまいます。

ただ、僕の場合は「最初まず全部出してみる」をおすすめしています。
「え、全部出したらまずいんじゃ・・・。」と思われがちなのですが・・・実はこれにはちゃんとした理由があります。

なぜなのか。音声で詳しくお話ししているので、ぜひ聴いてみてください!

起業のきっかけとなった友人と約5年ぶりに会ってきました

この音声を収録した直後、僕が起業をするきっかけとなった友人と約5年ぶりに会ってきました。

お互いに時間が自由に取れる身。ということで、昼過ぎから僕のとっておきのお店で呑んできたのですが・・・。
まさかの終電間際まで話し込んでしまい、それでも時間が足りずと言う状態に。

起業前に同じ職場にいた二人。友人は今の流行りで言うならFIREしていて、だいぶ遠くへ行っていました。
当時から話していたことからブレずにやってきた友人は本当にすごいなと。
出会って11年くらい。色々とあったよね。と当時を振り返ったりしながら他愛のない話で盛り上がったり。

ジャンルは違うけど、お互い起業して頑張ってきたからこそできる話がたくさんあり、改めて掛け替えのない存在であることを認識しました。

と、言っても出会って最初の数年はおんぶに抱っこ状態で言葉では言い表せないほどお世話になった友人。
ことあるごとに「ごめん、(呑んでいて)帰れなくなったから泊めてほしい・・・。」と家族がいるのに快く泊めてくれたことが多々あったり。

そんなだらしない部分や情けない部分も知っているからこそ、話せることもたくさんありました。

アツくなりすぎてつっかったり、自分の情けなさと申し訳なさで泣いたこともあったり・・・。
ほんと色々あったなと。

「このままでは甘えて人のせいにして終わってしまう。」そう思い、決心して離れて一人飛び込んだネットの世界。
そこから苦しい時期はあったものの、たくさんの人に出会い、恩人と呼べる人にも出会いました。

僕自身、起業を目指した当初から時系列で人に話すことはありませんが、久しぶりに会った友人は起業家人生のスタートラインを語る上で欠かすことのできない人物です。

当時紹介してくれ、たくさん面倒を見てくださった先輩起業家たちはもう簡単に会えるような人たちではなくなってしまいましたが、あの時があってこその今。

当時教わったことをメモしたノートは今でも大事にしていて、たまに読み返す僕の宝物です。

「いつの日か僕にしかできないことを手土産に合流できたらな・・・。」
なんて昔は思っていましたが、彼らはもうFIREしているので、それは叶わないかもしれない。

でも、何かしらの形で面白いことができたらな。なんて改めて思った日でもありました。

人生はまだまだ続く。
僕は僕の道をゆく。

みんな道は違えど、長い人生の中で「こいつと出会ってほんとよかったな」なんてお互い思える関係をこれからも作ってゆきたいなと思いました。

大変なこともあるけれど、ビジネスやってきてよかったな。なんて。
ちょっとしっぽりしちゃいました。

番組で取り上げてほしいテーマ募集中です!

UP Radioの番組内で取り上げてほしいことやブログに関するご相談を大募集しています!

「こんな話をしてほしい!」

「こんな情報があるけど、どう思う?」

「こんなときどうしてきたの?」

など、ぜひお寄せください。

送り方は簡単。以下の公式LINEに登録し、メッセージを送信するだけ!
もちろん、ご感想もめちゃくちゃ嬉しいのでいただけたら大変ありがたいです!

毎週の更新情報もお届けしますので、ぜひ無料のLINEにご登録ください。

※公式LINE登録やメッセージ送信にお代は発生しませんのでご安心ください。

番組の音声はこちらです

YouTubeは一味違います

Podcastはこちら

UP Radio
UP Radio
ブログで情報はどこまで出すべきか〜まずは全出しでOKな理由とコンテンツの2次活用について〜 UP Radio第80回目
/
おすすめの記事