情報の可視化の重要性、テンプレートを使うことの危うさ〜UP Guild3月度イベントを終えて〜 UP Radio第72回目

今週もUP Radioのお時間がやってまいりました!

UP Radioは、”ビジネスに挑戦する起業家が、昨日よりも事業が上向くことを応援するために、自身も起業家として活動する佐藤旭がビジネスを通して気づいたことや学んだことをシェアする”をコンセプトにした番組です。

今回は、UP Guild3月度アップデートイベントを終えた直後にアシスタントの堺さんを交え収録した音声をお届けします!

3月は『デザイン』をテーマに、サンライズデザインでタッグを組んでいるこの道20年のプロ、奥野さんをゲスト講師にお招きしての開催となりました。

デザインといえば、「なんか難しくてよくわからない…。」と僕はなりがちなのですが、今回のイベントを終え「いかに重要なのか」ということと「可視化の重要性」を再認識しました。

一言でデザインというけど、コンセプトでまるで変わる

ことブロガーや自作でHPを制作する方は、いわゆるテンプレートを活用してサイト構築をしますよね。
最近はおしゃれなのも増え、かっこいいなーなんて思っていたのですが…思わぬ落とし穴がありました。

それは、デザインはコンセプトでまるで変わるということです。

誤解を恐れずにいえば、「型にはめる」ことは非常に危ういということ。
「何を見せたいのかでデザインがここまで違う」というお話をイベント中に実演していただいたのですが、全く同じ素材でも出来上がるものがまるで違ったこと。

確かに「こうなると、こうなって、こう」といった「流れ」はありますが、だからといって型にはめるだけだと「ああ、またこれね」となってしまいがちです。

また、対象とする読者に何を見せて、どういう印象を持ってもらいたいのか。次第で構成まで変わることには驚きました。

そうすると、「テンプレートの意味は…。」と、求められがちな「答えの型」は、実は最適ではないなと思ってしまいました。

目処のたたないパンデミックにより、迫られるオンライン化

また、ここ最近になり急激に「事業のオンライン対応」に関するご相談が増えてきました。

いまだ収束の目処のたたないパンデミックですが、口コミ、紹介でこれまで回っていた事業者たちがオンライン対応の必然性に迫られている印象が強くあります。

生活様式が変わり、優先順位も変わりつつある昨今において、オンラインの恩恵をどこまで受けられるのか。
そして、どこまでコストをかけられるのか。ということで、今後の事業の明暗が大きく分かれそうです。

番組の音声と動画はこちらです

YouTubeは一味違います

Podcastはこちら

UP Radio
UP Radio
情報の可視化の重要性、テンプレートを使うことの危うさ〜UP Guild3月度イベントを終えて〜 UP Radio第72回目
/
おすすめの記事